NFT Web3.0 暗号資産

【Web3.0入門】Web3.0の基本と知っておきたいメリットとデメリットを解説【Web2.0時代から何が変わるの?】

2023年9月20日

  • 「Web3.0」って最近よく聞くけどよく分からない
  • 「Web3.0」って難しい言葉が多くて頭に入ってこない
  • 「Web3.0」で何が変わるの?



そんな悩みに答えます。



この記事に書かれている内容

  • Web3.0の基本的な概念とその次世代インターネットとしての特性
  • Web2.0とWeb3.0の主な違い、特に「分散型」対「中央集権型」の運営方式
  • Web3.0の主な用途とそれに関連する新しいサービス(DeFi、NFT、DAO)



Web3.0の基本:次世代インターネットとは?

Web3.0の基本:次世代インターネットとは?
Web3.0の基本:次世代インターネットとは?

Web3.0は、従来のWeb1.0やWeb2.0とは一線を画す新しいインターネットの形態です。これまでのインターネットは大企業(例えばGoogleやFacebook)が中心でしたが、Web3.0では「ブロックチェーン」技術を活用し、誰もが参加できる分散型のインターネットが実現しています。



「ブロックチェーン」とは?

「分散型台帳」とも呼ばれ、無数のコンピューターで情報を管理してそれぞれで不正や悪用がされていないかを監視し合っているシステムです。

データの改ざんが困難であり、高い信頼性が確保されていることが特徴です。



Web3.0とWeb2.0の違い:分散型と中央集権型の対比

Web3.0とWeb2.0の違い:分散型と中央集権型の対比
Web3.0とWeb2.0の違い:分散型と中央集権型の対比

Web3.0とWeb2.0の主な違いは「分散型」対「中央集権型」の運営方式です。この章では、その違いを初心者でも理解できるように詳しく解説します。



中央集権型と分散型のインターネット
中央集権型と分散型のインターネット



分散型のWeb3.0と中央集権型のWeb2.0

  • Web2.0:大企業がデータを一元管理
  • Web3.0:ユーザーが自分のデータを自由に管理



Web3.0における情報の透明性の優位性

  • Web2.0:Web2.0では大企業や中央機関がデータを管理しているため、その内部情報は一般には公開されていません。
  • Web3.0:ブロックチェーン技術を用いて多くの情報(取引、契約、所有権など)が公開されます。これにより、誰でもその情報を確認でき、改ざんが非常に困難です。



Web2.0とWeb3.0の所有権の変化

  • Web2.0:ユーザーデータは大企業が所有・管理
  • Web3.0:ユーザー自身がデータを所有・管理



Web3.0のリスクと対策:データ所有権の二面性

Web3.0のリスクと対策:データ所有権の二面性
Web3.0のリスクと対策:データ所有権の二面性

Web3.0ではユーザーがデータを自分で管理するため、その利点と同時にリスクも存在します。

反対にWeb2.0では大企業のプロフェッショナルたちが管理をしていることで安全性が保たれているという特徴があります。

Web3.0の所有権リスク

  • 秘密鍵の紛失
  • セキュリティの不備やバグ



Web2.0の所有権の安全性

  • プロフェッショナルなセキュリティ対策
  • アカウント復旧手段の提供



おすすめです

お忙しい中でも“ながら学習”ができるのでおすすめです!

【AmazonのオーディオブックAudible】2か月無料体験キャンペーン

Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」(著者 : 亀井 聡彦 , 鈴木 雄大 , 赤澤 直樹)



なぜWeb3.0の動きか加速しているのか?(Web3.0の主な用途)

なぜWeb3.0の動きか加速しているのか?
なぜWeb3.0の動きか加速しているのか?

Web3.0の急速な普及は、その多様で革新的な用途に起因しています。以下で、主要なサービスとその影響について簡潔に説明します。

Web3.0の技術の発展で実現した主なサービス

  • DeFi(分散型金融)
  • NFT(非代替性トークン)
  • DAO(自立分散型組織)



DeFi(分散型金融)

DeFiはブロックチェーンで動く銀行なしの金融システムです。安く、透明な取引が可能で、新しいサービスも続々登場しています。

  1. 銀行不要で、誰でも金融サービスが利用可能です。
  2. 個々のユーザーが自分で金融ルールを設定できます。
  3. 取引は公開され、不正行為を防ぐ仕組みがあります。



NFT(非代替性トークン)

NFTは、デジタル作品に一意の証明を与えることで、新しい形の資産です。所有権が明確で、アーティストも直接収益を得られます。

  1. デジタル作品の所有権が明確になります。
  2. アーティストは作品を直接販売し、収益を上げることができます。
  3. デジタルアイテムも貴重なコレクションとして認識されます。



DAO(自立分散型組織)

DAOはブロックチェーン上で運営される新型の組織です。参加者全員が平等に意見を言え、透明性と信頼性が高い「新世代の組織」です。

  1. 全員が意思決定に参加できるようになった。
  2. 取引と意思決定が透明に記録され、信頼性が高まります。
  3. 国籍や年齢を問わず、国際的な協力が容易になります。





まとめ

この記事では、Web3.0の基本的な概念から、そのメリット・デメリット、さらには具体的な用途までを解説しました。Web3.0は、ブロックチェーン技術を活用した分散型のインターネットであり、従来のWeb2.0とは一線を画しています。

特に、Web3.0ではユーザーが自分自身のデータを管理する自由度が高く、透明性と信頼性も確保されています。しかし、その自由度がもたらすリスクも無視できません。セキュリティの不備や秘密鍵の紛失など、ユーザー自身がしっかりと管理する必要があります。

また、Web3.0の急速な普及は、その多様で革新的な用途に起因しています。DeFi(分散型金融)、NFT(非代替性トークン)、DAO(自立分散型組織)など、新しいサービスやビジネスモデルが次々と登場しています。

Web3.0はまだ発展途中の技術ですが、そのポテンシャルは計り知れません。今後もこの動きに注目していく価値は高いでしょう。

-NFT, Web3.0, 暗号資産
-, , , , , ,